タグ:スコットランド ( 4 ) タグの人気記事

Scotland Trip 01/Aug/2006−last day

エジンバラも最高!!!

スコットランド話、実はちゃんと書きたかったものの、今や修論の追い込みでままならずぅ。。。
とにかく、写真三昧でごまかします。

d0006422_7151749.jpgミリタリー・タトゥーの前後にはエジンバラではいろんなフェスがやっており、私が行った時は、ジャズ・フェス中でした。よって、慌ててチケット取りへ行く途中の景色。


d0006422_716467.jpgなぜか大きな正方形の枠を持った人 at High St.


まずは旅の基本、丘から街全体を眺める。カールトン・ヒル(Carlton Hill)より。方向によって景色が全然違います。
d0006422_7225479.jpg
d0006422_7232449.jpg
d0006422_724044.jpg

ナショナル・モニュメントもあり。
d0006422_7243713.jpg
d0006422_7251653.jpg

ダブルデッカーからメインストリート、Princes St.を見下ろす。
d0006422_7271811.jpg

エジンバラ城入り口付近から。
d0006422_728877.jpg

そしてエジンバラ城よりミリタリー・タトゥーの会場を眺める。
d0006422_7283890.jpg

お城のテッペンから城の中を見下ろす。
d0006422_7293195.jpg


d0006422_730407.jpg観光客向けにタータンチェック生地工場なんかもあります。


d0006422_7331830.jpgそして午前にチケットをゲットしたジャズ・フェスの会場。エジンバラの大学院でフェスティバル・マネージメントをやっているという台湾人の女の子に話しかけられました。
エジンバラはアジア人が少ないから、ひょっとしたら同郷かと思ったらしく(ん?私ってそういえば台湾に行くと台湾人と思われることがよくあって…)。


翌日は雨模様。全然雰囲気違いますねー。
d0006422_734153.jpg


d0006422_7344599.jpgそしてこれに乗って帰ることに。いつも旅の終りは、寂しいような、ホッとするような。。。

総括:エジンバラ最高!!!次に語学留学をする機会があったら、絶対エジンバラじゃーーー。

今回の旅、スコットランド好きになるための旅でした♪
[PR]
by u_poko | 2006-08-20 07:41 | UK通信

Scotland Trip 29/Jul/2006

すっかりローカルの仲間入り。

昨晩は修論の疲れが残っていて爆睡。でも朝起きるリズムは同じなので、いつものように目覚める。階下のキッチンに行くと、、、ママしかいない。皆さんまだ寝ていらっしゃる。

朝食はすっかりB&Bみたいに並んで取れるようになってます!
なにせ総勢12人。ママ・パパ、ママのお姉さん2人。子供4人とその友達2人、そして1番上のお姉さんの養子の息子さん1人、で私。

今夏休み中なので、こんなに揃っているそうです。子供たちは学期中はBoarding School(全寮制の学校)で暮らしてます。冬はパパ・ママと二人きりのときもあるそうです。

うちはtypical Scottish familyじゃないから!

を連発しておりました。「外は静かなのに、家の中はうるさいよねー」とか、
「男の子は取りあえず外で遊ばせておけばいいから楽よ!」とか、ママやお姉さん達は言っていました。

「こんな大人数でびっくりした?」とも。実は私、子供の頃似たような生活を春・夏休みに送っていたので実は違和感なかったり。。。

さて、本日少し天気は悪いものの、Highland Gameなるものを見に行くことに。ママはピクニックの準備で大忙し。なにせ子供が、、、7人もいるからね!

辿り着いたそこは、まさにHighland。
d0006422_5214397.jpg

このHighland Gameはスコットランドの至る所で行われるらしく、私たちが見に行ったGameは超ローカルな、ほのぼのしたものでした。ママ達の知り合いも紹介してくれ、ちょっとしゃべったり。もっと商業的なHighland Gameもあるらしく、これはあくまでも地域のための催し。こんなのホームステイしなくちゃ見ることできません。Scottishたちの余暇を垣間見ることができました〜。

で、Highland Gameって何かって?

まず、地域のバンドによるバグパイプ行進。
d0006422_5264062.jpg
d0006422_52744.jpg


そして、子供たちのEgg&Spoon(スプーンに卵乗せてかけっこ)
d0006422_5285688.jpg


競技中にはアコーディオンの生演奏隊も。
d0006422_5294474.jpg


子供たちのハイジャンプ。
d0006422_5302924.jpg


そして今回も動画!
ほんとのHighlandのバグパイプ演奏
ほんとのHighlandのバグパイプ演奏#2


d0006422_5361974.jpgついでに、1番上のお姉さんはドキュメンタリーフィルム・ディレクターらしく(だって、カンヌとかヴェネチア映画際にいつも行ってるって!)、地面に寝ころんで行進が来ようがお構いなく撮影しておりました。かなりなお歳なんだけど、この方。

プロです!

うーん、私もこれくらいキモが座りたいですねえ。


これらの競技以外にも、砲丸投げみたいなの、藁が詰まった袋を棒でひっかけてどこまで高く投げられるかゲームとか、砲丸に棒がついたのを投げるのとか、、、結局、Highland Gameってのは、地域の大運動会みたいなもんでしょか?

そしてなぜか、私もover16のかけっこに参加してしまいました。割りあいかけっこ得意なほうだったけど、膝が痛いから不参加といっていたママもなぜか出場し、右手首捻挫でギブスしてるはずの2番目のお姉さんも参加、、、皆さんマジで走ってます。

そして速い! 
ここ1年の運動不足ですっかり筋力が落ちた私には、無茶はいけましぇん。。。

だいたいGameが終わった頃に、大雨。一番上の息子さんに
u_poko、これがスコットランドの天気さ!」と言われました。
ロンドンも割り合いそうだけど、確かにさらに変化が激しいかも。

さてさて、家に戻って、お茶して、おお、ここでもびっくり、皆さん今朝ドカッとまとめ買いした新聞を一気に読んでおります。イギリス人って新聞読むの好きなのを知っていたけど、全紙買ってるのにはビックリ。ま、土曜版だからかもしれないけどね。なにせこっちの土日の新聞ったら別冊やら付録やらですごい重さですから。私も残り少ない週末は新聞読んで過ごそうかな!

そんなこんなで晩ご飯。本日はクリームラザニア
夕食前に私と1番上のお姉さんで摘んできたラズベリーがデザートに。アイスクリームや生クリームなど、各自アレンジして食べております。(実は早速ロンドンでも買ってwithヨーグルトで食べてます!)

うっぷー、と思っていると、
「u_poko、雨がやんだからScottish Danceやってるかも知れないけど行く?」
と言われ、慌てて車に乗り込む。

到着すると、どうもダンスはやっていない代わりに、先程のバグパイプ・バンドが再びここに!
d0006422_5515125.jpg


今回たくさん動画撮りました!

同じパイパー!夜バージョン
同じパイパー!夜バージョン#2
同じパイパー!夜バージョン#3
同じパイパー!夜バージョン#4

まとめて見るには、つれづれ侘ぶるたび/動画編

もっとメモリーあったらちゃんと撮りたかったな〜。スコットランドの空気とバグパイプの音色、感動そのもの。
[PR]
by u_poko | 2006-08-05 06:14 | UK通信

Scotland Trip 28/Jul/2006

景色激変。大自然の中の大きな家・家族と。言葉は要らない!

引きこもること約2週間。久しぶりの外出で辿り着いたのは、北スコットランドのインヴァネス。インヴァネス空港に到着すると、本日から2泊ホームステイさせていただくお家のホストマザーが目の前に。

まず一緒にTESCO(スーパー)。次にママの1番上のお姉さんとその養子の男の子がブラジルから今日到着らしく、駅の近くのカフェで2人をピックアップ。その子はほとんど英語がしゃべれません。でもなぜか日本語を少しだけしってる。。。マンガの威力大!!!

d0006422_025578.jpgさらに、パパの実家の鶏の卵をピックアップ(けど、無かったのね…残念)。
そして辿り着いたお家の庭では、子供がのんびり。これ本物の庭です。
d0006422_0261256.jpg

さらにブラジリアンの男の子も加わって、クリケット。
d0006422_027937.jpg

d0006422_029173.jpg私はちょこっとBlack Currant(ブラックカラント)摘みをお手伝い。

これも初体験!

子供たちが湖にスイミングに行くというので、ママの2番目のお姉さんと一緒に湖の方へ。家の外は全て自然、自然、大自然!
d0006422_0333933.jpg


d0006422_0351014.jpgするとすでに泳ぎ終わっていたらしく、
お姉さんわざわざ

「u_pokoが写真撮りたいからもう一回泳げーーーー」

と子供たちに指示。
しぶしぶ、湖に戻ってくれ、
ポーズ! THANX !!
d0006422_036554.jpg


私たちは今度は丘の方へ。普通に牛。
d0006422_0372016.jpg


丘を登ると。。。
d0006422_0391987.jpg


右も、
d0006422_0401877.jpg


左も、美しい景色しかない!
d0006422_0405615.jpg


d0006422_0423285.jpgそして、スコットランド花・Heather(ヘザー)。

嵐が丘のヒースとはおそらくこれだ!
d0006422_0445023.jpgThistle(シスル)・アザミも道端に。
d0006422_0455699.jpg家に到着。
ほんとにお家広いんです。

そして2番目(4人兄弟)の男の子がバグパイプの練習中。
d0006422_047753.jpg
実は動画もこっそり。

こんな1日でした。
あまりにも素晴らしすぎて、書きようがありません。
どんなに楽しかったことか、容易に想像がつくでしょ?
これ、明日も続きまーす!!!
[PR]
by u_poko | 2006-08-04 01:08 | UK通信

A Typical Day

ぼちぼち暮らしてます。

今日はバイトお休み。バイト始業8時過ぎなため、完全朝方生活にシフトチェンジ中。よって今日も早めに目が覚める。
ああ、「早起きは三文の徳」とは実質的な徳というよりは、気分的なお得感が大きい。

朝から激しく何をしたって、、、

旅行プランニング!

毎度のことですが、どおーして旅行の調べ物にこれでだけ集中力を発揮できるのでしょうか?眠かろうが、身体がダルかろうが、ネットに集中。この集中力、ほかに活かしたい。。。

で、どこに行くかって? 7月末に

Inverness

そう、

ネッシーに会いに行きます!

ここインヴァネスは、ネス湖で有名なエジンバラよりさらに北にある町です。
初めてのスコットランド、そして実は今回のインヴァネス行きは初めての

ホームステイ

なのです。
HOST UKという留学生のためのボランティア・ホストファミリー・サービス。つまり、ほぼ無料でホームステイができるのでーす(交通費別)。

エリアごとに受け入れホストファミリーがいて、私は第一志望に敢えて北スコットランドを選びました。やっぱり、

ネッシーに会いたいもの。

いやいや、というよりは、どうせそういう特殊なサービスを使うなら、まだ行ったことのない、特殊な場所を!と思ったわけです。かつ、大自然系旅行が好きな私としては、インヴァネスは最高の場所でしょ!

というわけで、行きはbmi(British Midland Airways)。(そんな航空会社あったんだ!)帰りは、Pitlochry(ピトロッホリー)とEdinburgh(エジンバラ)に寄って帰りまーす。

気分高揚。気が早い?
でも夏はスコットランドはハイシーズンなため、宿取り、チケット取りは急がなくちゃいけないし!

しかしエジンバラ-ロンドン間の列車がなぜ£12(約2400円)で買えるのか、不思議。

あれ?でもその前にdissertationが。。。
そろそろ書き始めようと思いますです。
[PR]
by u_poko | 2006-06-30 07:05 | 日々の


つれづれ侘ぶる人はいかなる心ならん。まぎるる方なく、ただひとりあるのみこそよけれ(兼好)。ただただとりとめのない、旅のようなさ迷いの。「漂泊の民」になりたい、そんな思いのWeblogs。


by u_poko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
日々の
お仕事
気になること
ワンワンライフ
フラワーアレンジメント
アロマセラピー
食楽
ガーデニング
生き物観察
語学って
音楽あれこれ
UK通信
インド通信
旅・ヨーロッパ
旅・アジア
旅・日本
旅・中南米
フォルモサ・台湾
モブログ

以前の記事

2013年 01月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

George M's Page
2004年以来
ニュースの現場で考えること
小林恭子の英国メディア・...
R's memorandum
代官山 シェリーのオーナー日記
ユニコーン@ロンドン2
R's memorandum2
つれづれ侘ぶるたび・出版編
愛犬とおでかけし隊!
new cross のき...
LIFE IS DELI...
となりのインド人@ムンバイ
Little by li...
日本胸部臨床編集室のちょ...
日々のおいしいごはん~野...
料理家もりおかかずえのブ...

その他リンク

タグ

検索

ライフログ


Manuel Alvarez Bravo


Eugene Atget: Unknown Paris


Robert Frank: Storylines


砂丘―植田正治写真集


しろいうさぎとくろいうさぎ


カロリーヌつきへいく


雪国


その年の冬


深夜特急〈1〉香港・マカオ


竜馬がゆく〈1〉


忘れられた日本人


Inside Book Publishing (Blueprint)


ドラゴンボール (巻1)


デカローグ BOX


トリコロール/赤の愛


眺めのいい部屋 <完全版>


夜霧の恋人たち/アントワーヌとコレット


ロボコン


この窓は君のもの


カンフーハッスル (UMD Video)


UTADA HIKARU SINGLE CLIP COLLECTION+ Vol.3


HOOPLA


ベスト・リミックス


Spirit


The Return of the Space Cowboy


Hot Fuss


Corinne Bailey Rae


Come Away With Me


THE GREATEST HITS


ソルファ


Sorrow and Smile


WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント


Remembering John


Bridges


The Miseducation of Lauryn Hill


ジョアン・ジルベルト・フォー・トーキョー


Monkey Business


The Girl in the Other Room


樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)


赤ひげ診療譚 (新潮文庫)


Eye to the Telescope

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧