タグ:アイルランド ( 4 ) タグの人気記事

アイルランド旅行最終日

やっぱり最後はあそこで!

アイルランド最終日です。夕方にはロンドンへ帰ります。
ということで、本日のメインは、、、

ギネス・ストアハウス!!
d0006422_18232579.jpg

宿から歩いて30分ほどで到着。
ビールが出来る工程の展示が階下から徐々に登って行って見られるようになっています。
さながらどっかの遊園地のアトラクションを見ているようで、久しぶりにこーゆーの!!という気分で楽しい。

そして、最上階!
d0006422_18263873.jpg
ウッヒョーーー、ダブリン市内を360℃見渡せます!!

d0006422_18273648.jpg入館料には、、、
ギネス1杯分が含まれています!

左が誰かさんので入れたばかり。
右が私のでしばらく経った状態。

泡が上にくるまで約2分間お待ちくださいと言われて待っているんです。

そしてダブリンの景色を眺めながら、ギネスとちびちびと飲む。

気分は最高!!

隣に座ったスコティッシュのおばあちゃんと雑談。
うーん、私ってお爺ちゃん・お婆ちゃんウケいいんだよねー。
これ世界どこでもそうなんです。。。

ただ、ちょっと酒に弱くなっちゃってねー、最近。。。
結局ギネスは全部飲み干せずストアハウスをでることに。
夕方のフライトに間に合わせるため、ランチをとって寛いだ後にはもうダブリンを出発。

が、、、フライトdelay1時間半!!
もー、その時間でロンドンに戻れるじゃーん。
でもそのお陰で隣に座ったアイリッシュのオジサンとこれまた雑談。

スタンステッド・エクスプレス内でもドイツ人のオジサンにロンドン地下鉄の乗り方について質問を受ける。うーん、ヨーロピアンに聞かれるって変な感じだなー。

さらにロンドン到着後もLiverpool Street stからケチってバスに乗って帰ろうかと思ったら、バスdelay30分!!
諦めて地下鉄使って帰りました。こんなことなら最初から地下鉄使ったのに。。。

ロンドンは東京に比べて全てがスローに回っております。
これを許容できるかどうかがロンドン・ライフを楽しめるキーとなるのでしょう。
確かにこーゆーdelayはイライラしますが、それでも自分もゆったりできることを考えるとそんなdelayも我慢我慢!!

それに、、、フラットメイトのコリアンAちゃんが、
晩ご飯作って待っていてくれたの!!

ほほほ、これだけで本日のdelayは帳消しですねー。
幸せemoticon-0152-heart.gif
私も奥さんほしいなー。。。

まあまあ、終わりよければ全てよし!!
アイルランド・ショート・トリップ完!!
[PR]
by u_poko | 2008-05-26 18:45 | 旅・ヨーロッパ

アイルランド旅行3日目

再びツアーで。

さて3日目。
本日は昨日とは別のエージェントでWicklow(ウィクロウ)Glendalough(グレンダロッホ)へ行くことに。
ダブリンから南へ車で1時間くらいのところです。

今日のツアーもやっぱりアメリカ人がほとんどだけど、場所が近場のせいか昨日よりも高齢で落ち着く。

ブレイブハートの撮影場所にもなったらしいヒースの丘を通り抜け、こんな湖を上から見下ろす。
d0006422_2135699.jpg

続いてアイルランドの国民的詩人、Thomas Moore(トーマス・ムーア)が詩にも詠んだAvoca(アボカ)村へ。
d0006422_220219.jpg
こんな清流もあります。
d0006422_221159.jpg

そして本日メインのGlendalough(グレンダロッホ)へ。
d0006422_2225932.jpg
ここはアイルランドのキリスト教初期の教会跡です。
この塔はバイキングが侵略してこないか見張るために建てられたそうです。
d0006422_2241387.jpg
墓地もあります。
ここグレンダロッホは敷地もかなり広く、車窓からその湖を眺める。
d0006422_225404.jpg

と本日の観光は無事終了。
途中のランチではアメリカ人の初老夫婦と一緒にランチしたり、ティータイムでは皆さん気さくでそれなりに楽しかったツアーでしたん。

でも、自分が今いったいどこにいるのか分からないのがちょっとね。。。

ダブリンに戻ってもまだ夕方。
早速再び市内を歩く。
アイルランドの最高学府Trinity College(トリニティー・カレッジ)に行ってみる。
d0006422_230257.jpg
小さな大学で、のーんびりしてました。
ここの図書館のThe Book of Kellsという蔵書が有名ですが、すでに時間は終わっていたし、入館料が高い。。。ということで外から眺めるだけで終わる。

宿に戻って今日は節約のため宿でテイク・アウェイの晩ご飯。
そして気を取り直して昨日・一昨日とコーヒーを飲みにいったパブに行くと。。。
d0006422_233307.jpg
皆さん真剣にフットボール観戦中。
チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド戦。

アイルランド人もフットボール好きなんだねー。
そして、マンチェが得点後の写真。
d0006422_2345141.jpg
ちょっとシャッターチャンスを逃しました。

最後の夜ということでギネスをハーフ・パイントだけ飲み干して、名残り惜しさもあって再びテンプルバー周辺を散策。
d0006422_2362496.jpg
d0006422_2365360.jpg
いいよねー、こんなに明るくて8時半です。
やっぱりヨーロッパの春夏は楽しいですね。

おやおや、外でフットボール観戦している人も。
d0006422_2381850.jpg

私は寒くなったのでこの後お宿へ。
同室のポーランド人女性としばし雑談。
彼女はダブリンに仕事の面接がてら観光しにきたらしい。
EU国内って羨ましい。ビザの心配なく仕事探しできるもんねー。

ああ、私もヨーロッパで仕事したいなー。。。

さて、明日はもうロンドンへ戻ります。
でもフライトまでの時間に行ったところは?
次のエントリーで!!
[PR]
by u_poko | 2008-05-26 02:46 | 旅・ヨーロッパ

アイルランド旅行1・2日目

どこまで写真載せられるかしら?

ロンドンにお昼に出発し、スタンステッド空港からダブリンへ。
フライトは約1時間半。近い!

フライトもあっという間だし、入国もwelcomeな感じ。
空港から市内への行き方も先進国なんだからーっとなーんにも予習なしに行くけど、、、
やっぱり親切に教えてもらえました♪

教えてもらったバスに揺られること約30分で市内に到着。
空港から市内、近いねー。

そして、まずは明日のツアーの集合場所がどうやらそのバス停から近いようなので確認。
ツアーって言っても、オンラインで申し込んだから、デポジット以外の支払い方法の説明はないし、はたしで大丈夫なのか不安だったけど、どーやら問題ないようです。

そこから歩いて30分弱でお宿に到着。
宿はたくさんパブが建ち並ぶTemple Bar(テンプル・バー)エリア。
早速ご近所散策。
d0006422_6361156.jpg

さらに足を伸ばして市内をざっと観光する。

どーやらダブリンは歩いて充分回れる街のようです。
スーパーに買い出しに行ったり、St. Stephen's Green(セント・スティーブンス・グリーン)にも寄ってみる。
d0006422_6382549.jpg

どこも芝生の上でのゴロ寝は同じですね。
でも公園はロンドンのほうがいいなー。
ロンドンの公園は柵がないんだよね。
それが解放感・一体感をだしてるんじゃないかと思います。

さて、実はこの日でダブリン市内はほとんど見終わってしまいました。
えー、ただし!教会やお城など、有料のところは中に入ってません。
だって、ダブリンの物価ってめちゃ高いの!!
ロンドン並みです。ユーロ高のせいもあるけどねー。

ということで、翌日の早朝集合の現地ツアーへ。
7時集合です。
なぜって、Cliffs of Moher(クリフス・オブ・モーハ)へ行くから!
ダブリンからアイルランドの島を東西に横断するんでーす。

途中にはGolway(ゴールウェイ)の海岸も見る。
d0006422_645556.jpg
海岸の向こうには今回は行けなかったアラン島も見えました。
途中は岩がむき出しの荒野が続いております。
アイルランドって荒野の大自然って感じ。

それにしてもこのツアー、アメリカ人ばっかり。なんでだろう?
びっくりするくらい、アメリカ英語わかりましぇーん!!
ドライバーのオジサンはちょっとだけ日本語話せたり。。。

えー、そして途中にいろいろ寄ったりしましたが、車に乗る事約3時間半で目的地のクリフに到着!!
d0006422_6501958.jpg

クリフの上から。
d0006422_650493.jpg

これって大地が移動した証拠?
d0006422_6514053.jpg

実際のクリフ周辺はこんな風に整備されてます。
d0006422_652554.jpg

とクリフ目当てに来る観光客はかなりの数です。
しっかりお土産屋もあったし。ちょっと興ざめ。

自分の好みとしては、行くのも面倒、人っ子一人いなかったランズエンドのほうが好きかも。。。

それにこないだ似たようなクリフ見たよね?私。。。
あっちのほうが白い分だけ面白さは際立つのかも?

いやいや、どーもツアーというのが性に合わないのよね。。。
行くまでの工程が大事なわけで、達成感とか得られるのも旅の醍醐味だし。
と、贅沢なことを言っているu_pokoでしたーん♪
[PR]
by u_poko | 2008-05-25 07:06 | 旅・ヨーロッパ

麦の穂をゆらす風

d0006422_22404213.jpgズドンと重すぎ。

観てきました、「麦の穂…」(by ケン・ローチ)@シネカノン有楽町にて。

K美がいっていたようにめっちゃ暗いです。内容は、アイルランド独立戦争、IRAの成り立ち、etc.でも、戦争映画に必ずついてくる大きなテーマは、

生と死

ですね。

なんで人間はいつになってもいがみ合って殺し合ってるんでしょか?
あーーー、それを考えると、嫌。
めちゃ暗くなる。。。

そして人間の歴史って、殺人ばっかりしてきた歴史のように思えてしまい…。

限りなくドキュメンタリーに近く、ふぁーーー、いろいろ考えさせられる映画でした。
[PR]
by u_poko | 2006-12-28 22:55 | 日々の


つれづれ侘ぶる人はいかなる心ならん。まぎるる方なく、ただひとりあるのみこそよけれ(兼好)。ただただとりとめのない、旅のようなさ迷いの。「漂泊の民」になりたい、そんな思いのWeblogs。


by u_poko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
日々の
お仕事
気になること
ワンワンライフ
フラワーアレンジメント
アロマセラピー
食楽
ガーデニング
生き物観察
語学って
音楽あれこれ
UK通信
インド通信
旅・ヨーロッパ
旅・アジア
旅・日本
旅・中南米
フォルモサ・台湾
モブログ

以前の記事

2013年 01月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

お気に入りブログ

George M's Page
2004年以来
ニュースの現場で考えること
小林恭子の英国メディア・...
R's memorandum
代官山 シェリーのオーナー日記
ユニコーン@ロンドン2
R's memorandum2
つれづれ侘ぶるたび・出版編
愛犬とおでかけし隊!
new cross のき...
LIFE IS DELI...
となりのインド人@ムンバイ
Little by li...
日本胸部臨床編集室のちょ...
日々のおいしいごはん~野...
料理家もりおかかずえのブ...

その他リンク

タグ

検索

ライフログ


Manuel Alvarez Bravo


Eugene Atget: Unknown Paris


Robert Frank: Storylines


砂丘―植田正治写真集


しろいうさぎとくろいうさぎ


カロリーヌつきへいく


雪国


その年の冬


深夜特急〈1〉香港・マカオ


竜馬がゆく〈1〉


忘れられた日本人


Inside Book Publishing (Blueprint)


ドラゴンボール (巻1)


デカローグ BOX


トリコロール/赤の愛


眺めのいい部屋 <完全版>


夜霧の恋人たち/アントワーヌとコレット


ロボコン


この窓は君のもの


カンフーハッスル (UMD Video)


UTADA HIKARU SINGLE CLIP COLLECTION+ Vol.3


HOOPLA


ベスト・リミックス


Spirit


The Return of the Space Cowboy


Hot Fuss


Corinne Bailey Rae


Come Away With Me


THE GREATEST HITS


ソルファ


Sorrow and Smile


WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント


Remembering John


Bridges


The Miseducation of Lauryn Hill


ジョアン・ジルベルト・フォー・トーキョー


Monkey Business


The Girl in the Other Room


樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)


赤ひげ診療譚 (新潮文庫)


Eye to the Telescope

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧