「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

インドの花屋

ひえー、安い!

先日日曜日に、Rジ館のYさんのお誕生日会がご自宅でありました。

しかし!Yさんはおフランスに長らく住んでいらっしゃったため、常に良質のものをお求めになる。それに年上の方だし。。。

d0006422_2352774.jpgということで、プレゼントに悩み、Kちゃんのアイデアでお花を買うことにしました。
でも、インドの花屋って、こんな感じで、まるで葬式の花みたいー。

おや?でも花束らしきものがつるさがっております!

というわけで、これまた生け花プロのKちゃんのアイデアで60本のバラの花束にすることに!!

d0006422_2361793.jpgこれが花束制作時の風景。

彼らは水あげ(お水の中で茎をハサミでパッちんすること。花が長持ちする)すら知らず、さすがKちゃん、しっかり指導。

d0006422_23702.jpgじゃーーん。

結果です。
そして、他の人もみーんな花束だった!!
やっぱり同じこと考えるんですねー。

さてここで問題です。
この花束はいくらだったでしょう?


答え
[PR]
by u_poko | 2008-02-28 02:39 | インド通信

リキシャから見える景色@ムンバイ

他にもいろいろ。

会社帰りに、リキシャから写真を撮ってみました。

d0006422_23114138.jpgリキシャ、バイク、自転車、えーーっと、その大八車みたいなのは、なんていうんだろう?

d0006422_23134729.jpg中央分離帯にはホームレス。

ここに寝てる人もよくいます。

d0006422_23145555.jpgバイク3人乗り!

この国ではバイク乗車にヘルメットしてなくても怒られません。

でも危ないよね。。。

しかも、後ろに横向きで乗ってる女性もいます。

どうやら、日本のバイクより馬力が小さいそうで(125cc〜?)、そんなにスピードはでないらしい。

ムンバイは渋滞ばっかりだし、バイクでさえも追い抜けないくらいびっちり車が並ぶので、その程度の馬力でもいいのかも。。。

それに、道路がボコボコなので、スピード出したらひっくり返る可能性があるから危険です。

もうちょっとインドの日常風景を今後は撮っていきたいと思います!!
[PR]
by u_poko | 2008-02-23 23:21 | インド通信

インド・ムンバイのインフラ

d0006422_032152.jpg蓋を開けてみると。。。

インドの道路工事、建築工事って杜撰そのものなんです。

一見よさげな鳩二羽の写真。

d0006422_034632.jpgでもこれを引いて撮影してみると、ビルの吹き抜け階段の所からの景色です。

何故か窓にガラスはついておらず、外壁と中との変な空間があり、

d0006422_061787.jpgさらに引いてみると、手すりの土台が崩れてむき出し。

d0006422_071877.jpg外壁と内壁のみょーな空間を下から撮ってみる。

変な空間と汚い壁、むき出しの配管のようなもの。

d0006422_082968.jpg外側からみた外壁。

ここは四角い窓ですが、ガラスをつけるのが遅れているようで。。。

って、私来てから変化ないけどね。

d0006422_095925.jpgそしてビルのエントランス。

先日話したように、ドアがないけど、ぱっと見はよさげ。

d0006422_0105050.jpgでも、階段をみれば、すでに破壊されてる状態。

d0006422_0114167.jpgビルの外側土台部分は、ひび割れて、配線・配管むき出し。

d0006422_0123878.jpgこれがビルの外観。
一応、それなりに見えるでしょ。
でも基本がなってないの。。。

これがインドです!

d0006422_0135345.jpgお次は道路。

こんな景色は日常茶飯事。

d0006422_0143084.jpgここなんて、もう工事することは放棄されたようで、まったく変化なし。

水道管と思われるものが路上にむき出し。

そして写真奥には近代的ショッピングモール。


これみて少しはお分かりいただけたでしょうか?
インドはIT先進国どうのこうの言われてますが、インフラこんなんでいいの?

と思っていたら、こんな記事をみつけてしまいました。。。

やっぱり。
新聞にも建物倒壊の記事はよくみかけます。
我が家だって、、、、

おー、こわー。。。
[PR]
by u_poko | 2008-02-21 00:31 | インド通信

インドの野鳥

ふと横を見ると。

オフィスの窓をときどきコツコツ叩く音がします。
決してお化けじゃありません。

カラスくんです。

インドのカラスは日本のカラスより小ぶりで、かわいげがあります。
でも数は半端じゃありません。

さらに空に目をやると、トンビがぐるりと輪を描いて飛んでおります。
旅人心をくすぐるねー。

しかし!

d0006422_23341970.jpg鳩の数もすごいです。
毎日通勤で通る道路の一角は、鳩溜りになっており、ゴミの臭いと鳩の臭いでむせ返ります。。。

オフィスのビル内には鳩が常駐してます。
この意味わからんでしょ?
オフィスといっても、ビルの入り口にはドアがなく、常に開放された状態。
なぜか鳩が巣を作りやすい梁があったりと、鳩にとってももってこいの環境なんです。

我が家の建物にも鳥たちが群がります。
朝には、日本では聞いたことないような南国チックな鳥の鳴き声。
トイレの窓際にはスズメちゃんがいたり。
たまに鳩が部屋に入りそうになったり。
部屋にも鳥の羽が入ってきます。

さらに、洗濯物が鳥糞にやられたこともありました(これは日本でもあることだとは思うけど)。emoticon-0106-crying.gif
以来、極力洗濯物は室内干しにしてます(室内でもすぐに乾くし)。

お隣の洗濯物に鳥がたかっているのを見たこともあります。
近所の小さいスーパーでは米などの穀物を外で量り売りしてますが、その米に鳥が一杯たかっていることも目撃。。。絶対に量り売りの米は買えない。。。

というわけで、鳥飼病や鳥インフルエンザが怖いなーっと思いながら鳥とともに生活しております。
[PR]
by u_poko | 2008-02-20 13:37 | インド通信

3ヶ月以上が過ぎ

早いような、遅いような。

もうインド滞在も後半戦になりました。
これまでの感想は?

あっという間だったけど、3ヶ月が半年以上に濃ゆく感じました。

老けるのが早まったような気がするんですけど。。。

それから、、、

やっぱりインドに遊びに来ると宣言した方が一人もいらっしゃらないのはなぜ?
K美曰く、「このブログ」のせいだと。。。
いろいろ検討した結果、誘致キャッチフレーズを!

非日常や刺激がほしい人には是非オススメ!
あっという間に日本のことが忘れられます!!


なんで誘致なんて、と思うかというと、
証人がほしいんです。
私の話をどうか証明してください!!

だって、いくらブログに書いても、誰も実感してもらえないんだもん。。。

なーんて書いたら、ますます来たくなくなるかしらん。
確かに、心も体も頑強な人のほうがよりベストな国ですが。
[PR]
by u_poko | 2008-02-18 18:17 | インド通信

インドのショッピングモール事情

確かに西洋風

インドにショッピングモールが続々建設されています。
大体が郊外型大型ショッピングモール。

会社の近くにもそれなりに大きなモールがあります。
テナントは欧米のブランドメーカー、スーパーなどなど。
定番のモール建築として、入り口入ってすぐは吹き抜けになっており、そこにエスカレーターがかけられている。

しかし、欧米諸国との大きな違いがいくつかあります。

まず、入り口にかならず探知器と荷物チェックがあること。

テロ対策でしょう。

さらに、スーパーや一部のショップに入ろうとして荷物を2つ以上持っていると、警備員に注意され、クロークに貴重品以外預けなければなりません。これは万引き防止でしょう。なので荷物をたくさん持っていると非常に面倒です。

そして会社近くのモールのスーパーの場合は、レジで買い物袋の口がすべて縛られてしまいます(インドのスーパーはレジ係と袋詰め係がいるのが通常)。これも万引き防止。

最後に店を出るときは、ここでも警備員が立っていて、レシートにEXITのスタンプを押してもらわねばなりません。

さらに、中での買い物は、野菜は量り売りのため、量り売り係に各野菜毎に計量・値札をつけてもらい、レジでもなんだか知らないけどすごーい並ぶし、、、、

と、インドのスーパーは非常に買い物が面倒なんです!!

つい最近、別の郊外型モールができたとのことで見学に行きました。
が、ほとんど店がやってない!

つまり、ショッピングモールの建物はできたから取り合えずオープンし、徐々に店は入っていくというやり方。でも、1ヶ月前からそのモールが出来たと聞いたのに、ほとんど店が入ってないのはなぜ?

それに、なぜかまだ工事中でほこりっぽい。。。

これがインドなんです!!

建築物の普請をみると、どこもすごーいちゃっちいんだよねー。ヒビ入っていたり、すき間があいていたり。ビルが崩壊したというニュースもちらほら。
皆さん、インドの建築物には気をつけましょう!

えー、別件でまた不思議なものがショッピングモールで見られます。
それは、エスカレーターに上手く乗れずにもたもたしている人がいることです。

そっかー、エスカレーターなんて今までなかった代物なんだなーと、かなり新鮮です。
[PR]
by u_poko | 2008-02-14 23:13 | インド通信

インドの野菜は安全か?

どうなんでしょう?

中国の食品問題が大きく取り上げられておりますが、インドの食品ってどうなんでしょう?

まず、加工品はかなりケミカルです。だって、色が違うもの!
そして、野菜。

インド在住日本人たちの説によれば、

有機栽培なんじゃないか?

となっております。

なぜって、野菜に芋虫入っているから!

よーく、考えてみてください。
インドではそこらじゅうでBig Jobをされているオジサンをみかけます。

つまり、畑でも人○ンやら、犬○ン、ヤギ○ン、牛○ンなど、有機肥料がふんだんにあるのではないかと!

下手すると農薬より安い?

そんなことを考えながら、時々芋虫に驚き、本日も野菜をゴシゴシ洗うのでした。。。
[PR]
by u_poko | 2008-02-13 12:28 | インド通信

気がつけば海外で同じこと

ロンドンでも同じでしたが。

毎日考えること。それは、

今日は何食べよっかなー!!

ということです。
少ないチョイスの中で、いかに美味しいものを食べるか、がインドでは勝負です。

だってー、普通にスーパー行って、欠品は当たり前、肉が売ってないスーパー当たり前、調味料なんてカレー用スパイス以外は揃ってないのが当たり前、の世界で、

美味いもの食べたい欲求は膨らむばかりです。

現時点では、納豆食べたーい!
がNo.1でしょうかねえ。

そして昨日、インド一のホテルのシェフ(日本人)のお誕生日会が駐在のKちゃん宅であり、日本でも食せないようなマグロをいただいちゃいました!!

私、もともと刺身が苦手で、ちょー美味い高級刺身しか食べられないのですが(ってなんて贅沢な?)、これは過去食べた中でもNo.1!の逸品でした。

さすが日本から厳選・直輸入された代物です♪

ふぅ、インドでの楽しみってほとんどないからねー。
食べる、勝手に遊ぶ(再び踊りにいってしまったよーん)、くらい?
あとはもっと文化的なところがあればいいんだけどねー。

と、遊びまくりの週末でした。
最近遊びに忙しくってねー。
遊んでないとインドではやってられないし!
[PR]
by u_poko | 2008-02-11 19:14 | インド通信

ロンドン行き決定!

うれぴ~。

とうとう、ロンドン行きチケット買いました!

5月1日から1ヶ月間、ロンドンステイいたしまーす!!

今からとっても楽しみです♪

美しい公園で寝転がりたいの。。。今の夢はただそれのみ。
って、どんな暮らししてるの?
いやーーーー、壮絶な戦いですよ、インドでは。

結局ガスが来ないこと4日目です。
近頃のムンバイは10℃を下回るなど、寒いのに。。。

ロンドンで日本人としてスタンダードな生活をしたい。
決して多くは望みません。

(そーいえばフラットメイトの彼の友達が日本から最近遊びにきて、「ここには住めない!」と断言したそうです。やっぱり。。。)
[PR]
by u_poko | 2008-02-08 14:18 | 日々の

週3回パーティー

d0006422_1283119.jpg遊び過ぎ?

Kズのお別れパーティという名目で、まずムンバイはポワイにある本人の家で総勢何人?というくらい集まって、土曜日にパーティー。

ついでに部屋から見えるリキシャレースを観戦!

うーん、、、、スピード感ないのねー。
企画としては面白いと思うんだけど。
もっと何周もしてバトルってほしかったんだけど、予選は1周で終わっちゃう。
先に出たもん勝ちのレースでした。

なんて観戦もして、飲んで、歌って、、、外人数名いたんですが、日本人パワーがやっぱりすごかった。

そして何故か翌日も今度はタウンサイドにある領事館さんの家で、Kズのお別れパーティー。
あれ?昨日あれだけ「元気でね!」って挨拶したのに、何時間後かには本人目の前にいるしー。

d0006422_134587.jpgさらにここで話が盛り上がり、水曜に再びKズの家でパーティーをやることに!
そして、今度の料理は、タージマハールホテルのシェフの料理です!
なので、普段は来ないような輩まで登場。

突然知らされたドライデー(酒販禁止日)だったにも関わらず、なぜか後から後からアルコホールが登場し、再び飲んで、踊っての日本人パワー炸裂なパーティーとなりました。

でも、全然お別れという感じがしなかったんですけど?
それって、インドだと日本人同士の結束強いからかなあ??
まあ、きっといずれ彼にもどこかで会うことでしょう。

インド来てよかったのは、こーいった日本人の結束力がみられること!
インドパワーってあるけれど、日本人パワーもすごいぞ!と思うのでした。
[PR]
by u_poko | 2008-02-01 01:42 | インド通信


つれづれ侘ぶる人はいかなる心ならん。まぎるる方なく、ただひとりあるのみこそよけれ(兼好)。ただただとりとめのない、旅のようなさ迷いの。「漂泊の民」になりたい、そんな思いのWeblogs。


by u_poko

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
日々の
お仕事
気になること
ワンワンライフ
フラワーアレンジメント
アロマセラピー
食楽
ガーデニング
生き物観察
語学って
音楽あれこれ
UK通信
インド通信
旅・ヨーロッパ
旅・アジア
旅・日本
旅・中南米
フォルモサ・台湾
モブログ

以前の記事

2013年 01月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

お気に入りブログ

George M's Page
2004年以来
ニュースの現場で考えること
小林恭子の英国メディア・...
R's memorandum
代官山 シェリーのオーナー日記
ユニコーン@ロンドン2
R's memorandum2
つれづれ侘ぶるたび・出版編
愛犬とおでかけし隊!
new cross のき...
LIFE IS DELI...
となりのインド人@ムンバイ
Little by li...
日本胸部臨床編集室のちょ...
日々のおいしいごはん~野...
料理家もりおかかずえのブ...

その他リンク

タグ

検索

ライフログ


Manuel Alvarez Bravo


Eugene Atget: Unknown Paris


Robert Frank: Storylines


砂丘―植田正治写真集


しろいうさぎとくろいうさぎ


カロリーヌつきへいく


雪国


その年の冬


深夜特急〈1〉香港・マカオ


竜馬がゆく〈1〉


忘れられた日本人


Inside Book Publishing (Blueprint)


ドラゴンボール (巻1)


デカローグ BOX


トリコロール/赤の愛


眺めのいい部屋 <完全版>


夜霧の恋人たち/アントワーヌとコレット


ロボコン


この窓は君のもの


カンフーハッスル (UMD Video)


UTADA HIKARU SINGLE CLIP COLLECTION+ Vol.3


HOOPLA


ベスト・リミックス


Spirit


The Return of the Space Cowboy


Hot Fuss


Corinne Bailey Rae


Come Away With Me


THE GREATEST HITS


ソルファ


Sorrow and Smile


WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント


Remembering John


Bridges


The Miseducation of Lauryn Hill


ジョアン・ジルベルト・フォー・トーキョー


Monkey Business


The Girl in the Other Room


樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)


赤ひげ診療譚 (新潮文庫)


Eye to the Telescope

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧