<   2006年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

キャリア・アンカー

なんて言葉ご存知?

さてさて、イギリス留学組にとって、院終了後の就職については頭が痛い話です。

たまたま月曜の1コマ目は「Book Commissioning and list development」というわかりづらーい内容。どんな内容なのかというと、copy-editingじゃなく、企画やら契約、マーケティング、その他決定事項などのマネージメントやアドバイスをするeditorさんになるために何が必要なのかを学ぶ授業。つまり下っ端じゃなくてちょっと上級編集者になるための授業ですね。

で、たまたま明日は先週与えれたタスクの一つに、あるquestionnaire(アンケート用紙)をやってこいというのがありました。それがどんなquestionnaireなのかというと、

キャリア・アンカー・クエスチョネア

ざっくり説明しますと、自分がどんなタイプのキャリアを目指しているのか分析し、自分にとってふさわしいキャリアデザインを見つけるための心理テストですね。Edgar Schein(エドガー・シャイン)という心理学者がそれについての本を出しているようで、日本語版もたくさんあります。どんなタイプがあるのかというと、

【キャリアアンカーの8つのタイプ】(毎日就職ナビより)
(1) 技術力・職能的能力(職人気質タイプ)
(2) 管理能力(管理職志向タイプ)
(3) 保証安定(安定志向タイプ)
(4) 創造性(クリエータータイプ)
(5) 自律 独立(独立志向タイプ)
(6) 挑戦 克服(チャレンジタイプ)
(7) ライフスタイル(生活第一タイプ)
(8) 奉仕 貢献(奉仕タイプ)

「キャリア・アンカー」でキーワード検索すれば、たくさんsiteも見つかります!

私に関して、何が一番ハイスコアだったかというと、
(4) 創造性(クリエータータイプ)
or
(8) 奉仕 貢献(奉仕タイプ)
(ほぼ同じスコア)
そして次に高かったのが
(7) ライフスタイル(生活第一タイプ)

うーん、編集の仕事はこれにあてはまるのだろうか? 創造性と奉仕貢献は共存できるのか? しかもライフスタイル大事なのに奉仕するのかね? 
もうちょっとよく考えましょ。

そうそう、このクエスチョネア、データ(英語版です)があるので欲しい人はメールちょうだい!
皆はどんなキャリア・アンカーかな???

●番外編—今日の買い出しにて
d0006422_8343088.jpg
右も左もニック、肉!!! きも〜。
d0006422_8353993.jpg
牛乳コーナー。牛乳には3種類あるんです。
写真右:がセミ・スキムドミルク、がスキムドミルク、ここにはないけどがホールミルク(普通の牛乳)。
[PR]
by u_poko | 2006-01-30 08:46 | 気になること

出会い&別れ in 海外

わかってはいるけれど。

ブリティッシュ・カウンシルの友達Cトが来週から約1ヶ月ロンドンに滞在することになりました。実は彼女、昨年9月にケンブリッジ滞在で色々あってわずか2週間で帰国。今回はロンドンでリベンジです。

でも、心配。なにせちょっと世の中の「一般」とずれている(と言ったら本人怒るかも!)から、どーも何事も上手く運んでないような気がするんだけど。。。「今度は寮だから住む所は大丈夫!」って言ったけど、southのBがつくあの街のすぐ近くじゃん。大丈夫かな??? (そんなことはもちろんウキウキの本人には言えず…)

でもどーしても一回イギリスに住みたいんだよね! 頑張れ! 後は勢いだ!

海外に住むと、人との出会いや別れを痛感するようになり、自分が今とても貴重な時を過ごしているのだな〜と実感。

そして、別れと言えば、ブログ上ではありますが、goodragonさんがOxfordから帰国されてしまいます。。。

うううううううううう、悲し〜。

イギリスの兄と勝手に決めつけ、帰国されるので今度は関西の兄に〜(ん? なんか主旨違う? いやいや、あんまりシンミリしたのはよくないかと思って…)。 あれ、ところで関西のどこご出身なんでしょか?

やっぱりイギリス在住という方にめぐり合えると、それだけでご近所さんな気分になってしまう。ネットやチャットや電話があっても、日本はやっぱり遠いです。陸続きってなぜか安心感あるな〜。あー、やっぱり海外での別れは、日本国内での別れとは気分が違う!寂しく悲しい!!!

そして不思議な巡り合わせですねー、ブログって。検索にひっかかるか、かからないか、それだけ。ほんのちょっとした偶然が重なる、いったいこれってどれくらいの確率なんでしょうか?
このブログのお陰で何人かの方にめぐり合いました(バレちゃったのもあったしネ!)。ネットがなければ絶対に出会えないような職業、年齢の方にも。

ブログを続けようと思えるのも、こんな出会いがあるからこそ。
皆さま、今後ともよろしくお願い致しま〜す!!!!

d0006422_1104114.jpg
ふたりはどこで出会ったのかな?
ブルガリア・ソフィア(2003.8)

[PR]
by u_poko | 2006-01-29 11:12 | UK通信

オペラ観るの!

d0006422_9155383.jpgが夢だった。

今日はオペラ「椿姫」を前回のバレエと同じロイヤル・オペラで観ることに!

もちろんチョイスはスタンディング席。だって安いんですから〜。
開演2時間前にT子、しょこと一緒に当日券をBox Officeで購入しよう…がしかし、

売り切れ。

ガビ〜ン。


ショックすぎ。
私の中では近頃の鬱憤をオペラのスカッとした歌声で晴らしてもらいましょ、と思っていたのに。そんな人気だったのねこのオペラ。。。なめてました。

d0006422_916325.jpgしょーがないから、二人の買い物にちょっとくっついて(おー、しょこの買いっぷりは相変わらずすごいねー。でT子、リバティでリファンド!これもあっぱれです)、Dinnerは飲茶です。場所はPing Pong
久々おしゃれ系でーす。客層も違うのねー。

料理、美味しい!!! くせのない、食べやすい飲茶です。3人でオペラ観れなかった鬱憤をはらしつつ、なぜかしょこがシューマイがまだと主張してくれたもんだから、もう1個余分にシューマイゲット!(えー、つまり来たのに来てないということになったんですね、故意にやったわけじゃあありません!)

あー、飲茶おいしくて救われたわ〜。なんか最近私ついてない? そう思うのはやめよう、思うとそういうの引き寄せちゃうからね。取りあえず引きこもることにした。今はの時期に違いない、きっと! ってことは、本を読めってこと????
[PR]
by u_poko | 2006-01-28 09:24 | UK通信

書店競争

厳しいね〜。

今日はSafari投稿です。もう安心。
なにせ今日は授業が無い。週休4日ですから〜。でもでも、週3日の英語漬けのせいで、すごい疲労。あー、だるーーーー。朝起きて、また寝る。起きる。あれーーー、午後じゃーん。でも久しぶりにたっぷり寝た気はするから、ま、いっか。

今日の一大イベントは(大袈裟じゃー)、書店偵察!!!
それは、WH Smithでも、Waterstone's(リンクがAmazon.co.ukになっちゃうの!もう今やM&Aばっかりで、どこがどこのグループなのかわかりゃしない!)でもなく、BORDERSでもなく、えーっと、長いって?

そう、その名もOttakar's(オッタカーズ)。 まず名前が良い!!!
オタクなハッカーたち、って意味かな? 

それともオタッキーの格変化? 
オッタカー、オタッキー、オッタクー、オタッケー、オタッコー。
なわけない! 日本語じゃないんだから〜。
King Ottokar's Sceptreという本が由来らしいです。

なんでこの書店かというと、日本もそうだけど、書店の大型化、町の書店が消えていっているのはイギリスでも例外ではなく、先に挙げたような大型書店(特にWaterstone'sの勢いがすごいけど)が金太郎飴式書籍陳列(どこ行っても同じ品揃えということです)をしている中、このOttakar'sだけはちょっと異色な存在らしい。

そこで、他の書店と違うぞ! Ottakar'sの主張。
・店員が本オタク(やっぱり日本語と一致してるじゃん!)
・各店舗の裁量で仕入れするので、それぞれオリジナリティーのある書店になる。
・地元コミュニティーに密着型。
・だからロンドン中心部には進出せず、郊外型店舗を展開。
・売り場面積もそんなに大きくないらしい。
・なのにチェーン店!


すごーい。こんな書店待っていました! という感じがしませんか?
そして家から最も近いOttakar'sはWood Green店。しかも今日は月に一度の学割デー(15% off!!!)。よっしゃー、行くしかないぜーーーー。

d0006422_111216.jpgと思ったら、29番バスが来ないこと30分。あーーー。
結局家出てから1時間後にWood Green Shopping Cityに到着。
おおおーーー、こんな所に巨大ショッピングモールがあったとは! 
わーい、今度からここにも買い物にこよーっと。

お目当てOttakar'sはすぐ目の前。
でもその隣にはWH Smithもあった。
でも今やWH Smithは文房具屋と化してるから、いいのかも。


d0006422_111572.jpg中に入ると、そこは予想以上に小さな書店でした。(すごい小さいわけじゃないんだけどね)
何となく読む本を探すときは、大きな書店よりは、適当な広さの書店のほうが楽しいんだよね。棚を見るやる気が沸いてくるというか…。

書店内は場所柄か、子供向けの本が多いです。自分が子供だったらこの本屋めちゃ気に入っていたかも! 品揃えは? うーん、英語の本の知識がないからよくわかんないの!!!
ただ、確かにベストセラーの棚が他の書店と違っていたし、陳列方法がなんか違うような気がしたんだけどね、何がどう違うのかちょっとわかんないんだ…。要再考

さらに店員さんが他の書店と雰囲気違います。一家言ありまっせ風。
さて、そこで店員さんへタスク!
 「××はありますか?」
すると、何も調べずすぐに真っ直ぐ迷わず棚に行って、ハイどうぞとその本を渡された。なんか嬉しーい。最近の本屋さんって、PCでカシャカシャ調べて、「あそこのフロアでーす」でおしまいなことが多かったから。

結局ペーパーバックを2冊、15% offで購入。ハッピー!!!

書店の大型書店化と競争激化によって町の本屋が消えるなか、こんなチェーン店もそろそろ日本に登場するかもしれません。
[PR]
by u_poko | 2006-01-27 11:10 | UK通信

嫌なことは続くものです

悲し〜。

あー、今日はブログ書くの2度目。1回目、IEがフリーズ。どうにかしてくれ!
OS Xとの相性の悪さったら。。。

1回目何を書いたかって、結構たくさーん書いたのにほとんど無い。ショック。
もうやんなったから箇条書き。

・例のセミナーのプレゼンがあまりにもハイレベルすぎて凹み、自分の発表は大丈夫だろかと心配になった。だってグループワークだからまず私はお荷物さんだし、あんなに英語を1時間分もアウトプットできませーん。

・残りのエッセイ2本がパスしたのも束の間、今日課題を出さなきゃいけないのに、知らんかった。先週先生がさらっと言ったので完全に聞き逃したのですね。でも1週間でペーパーバック1冊読んでさらに宣伝ビラ作って出すなんて私には無理!

・SAYURIを観ました with T子、しょこ、Y子りん。£3で〜す!!!!
ちょー細かく文句書いたんだけど、ありましぇ〜ん。
一言でいうならば、ちっとも和風じゃない!
芸者の立ち居振る舞いがザツ。髪結いも着付けも違う! チャン・ツィー着物似合ってない! 中国で上映禁止? 大丈夫、ちっとも和風になってないから! チャン・ツィーはどこからどうみても中国人でした。

以下生き残った箇所だけコピペ。
-----
これって別にチャン・ツィーや中国人俳優さんが悪いわけでじゃなくて、アメリカ人のセンスのなさが嫌なだけ。ホントに賞狙いなのこの作品? だったらもっとちゃんとやろうよ。日本人指導はあったのかな? 素人が見てもわかるようもの作らないでよ。いつまで他国の文化理解できない状態やってんだろか。

ふと思う。なんでいまごろ芸者なの?  花街の話は日本人にとって当たり前で特に珍しいストーリーではないし。ハリウッドもネタ切れで日本映画のリメイク流行ってるくらいだから、その流れでJapanネタだったのかしら? 長年あたためていた話らしいけど…。何となくピンとこないな。
-----

悲しい1日でした。
やはり一番のショックなのはIEのフリーズ(おい、学校についてもっと落ち込まんかい!)。
ブログがストレス解消手段と化してる今、内向的・ネクラな私にもうこれ以上あまり強い刺激を与えないでください。
この鬱憤をどう処理すりゃいいものやら。。。。

お祓いにでも行こうかな(あー、神社がないじゃないか!)。
自分で突っ込み入れ出したら、ちょっと調子が上がってきたわ!(うわー、単純な性格…)
[PR]
by u_poko | 2006-01-26 09:12 | 日々の

自己分析

あガ〜????

ホントに英語が出来なくて困っています。
苦の付く言葉を思わず辞書で調べる。苦悩、苦痛、苦労、苦心、苦学、苦汁、苦笑、苦境、苦行…ああ、全部当てはまるじゃないかっ!

苦言ばっかり言ってもしょーがないので、英語が出来ない原因を(って単なる勉強不足なんだけど)探るべく、まず自己分析からやってみる〜。これは苦肉の策か〜。

<自分の能力 & 性格、英語との関係>
・ハードティスクの容量が異様に少ない
 →ボキャブラリーを増やすことができない

・メモリー消去はすぐできる
 →すぐに単語を忘れることができる

・いざとなったら度胸はある(普段はない)
 →英語で喧嘩するときにしか役立たない。
  こうなるとブロークンでもへっちゃらな私。でも日常では意味ない。

・すぐ飽きる
 →語学は継続と反復が必要です。

・すぐ疲れる
 →英語で話す気力をすぐ失う。

・すぐ眠くなる
 →英文よんだらなおさら眠い。

・インターネットが好き
 →勉強どころじゃない。

・家にこもるのが好き
 →自分の世界に浸りやすい?

・そもそも日本語が好き
 →そもそも英語が嫌いだったはず

・最近、日本語でしゃべるのすら面倒
 →英語が話せるようになるわけがない。

・すぐに喉が痛くなる
 →ますます英語を話したくなくなる。

・取りあえずやっとけ精神
 →無謀な留学でした。

・もともと頭が悪い
 →だみだ、こりゃ…。

サヨウナラ〜(涙)。。。あんた、ふざけ過ぎ。
d0006422_9173334.jpg
フィンランド・スオメリンナ島(2004.9)

[PR]
by u_poko | 2006-01-25 09:22 | 日々の

ちょっと痛々しい

書かずにはいられない。

朝起きると、腰痛。あれー、なんでかな?
おそらく、ものすごい格好で寝ていた気がする。ってどんな?
それはねー、左脚を右側にぐいっと持っていって、でも上半身は左側向いてるの。
つまり、ほとんどストレッチしたまま状態で寝てたわけですねー。

時々やるんです、変な格好寝。しかも私寝ると寝相がいいもんで、死人のようにぴくりとも動かない。結果がこれ。

ちょっと前から気になっていたのが、私の寝相はどうも変らしい。まず、大体仰向けに寝るのですが、大体腕は万歳にしている。そして、足首がベッドに対して180°平行に曲がっている、つまり、つま先立ち状態(普通角度90°なの?つまり立っているときと同じ角度)。

を実家の居間でしょっちゅう実行し、しかも寝息も全くなく、寝言も全くないので、ホントに死んでるようで気持ち悪いからと、いつも兄にでつっつかれていたな…。

よーく、考えてみるとこれって背泳ぎ体勢。やっぱり元スイマーだったからかしらん? 足首ピーンと伸ばすのは気持ちいいし、肩はグルグル回りまーす(だから肩凝り無いんだよねー)。

じゃあこの次は私の筋肉増強話ね、って何の話してるんだ???

今日は、こんなことを書かずにはいられないんじゃあなく、そう大きなトピック、

ホリエモン逮捕

でしょう。それについては私のリンクにも載せた3つのブログでコメントがあります。いろいろな立場から、いろいろな見方があるものですね。

あれだけテレビに出て、お茶の間IT社長が今度は容疑者ですよ。ネットに載ってるホリエモン写真も急に容疑者風のが増えたような気がする。

もう全部欲しいもん手に入れちゃったもーん
というホリエモンの言葉が今蘇ります。全部欲しいものって何だったんだろう?
そんなに欲しいものあったんだ。
金? 自家用ジェット? 名声? かわい子ちゃん? そういうの好き?
でもそれだけの野望・欲望があるからあれだけ儲けられたんだろうなー。そこん所はすごいと思う。そのパワーを1/10でも欲しいものです。

この話題、こちらの新聞でも盛んに取り上げられています。逮捕劇となって、明日の新聞ではどう書かれるかな? 今やライブドアの話では収まらず、色々な方向にまで波紋は広がっているようだけど。

そして不思議なのはライブドアサイトを見ると、まるで他人事かのようにこの話題が取り上げられていること。すごいな〜。今までのメディアならそうはいかないんじゃないかな。これもIT効果? ちょっと前にもホリエモンの奇行が目立って社員も困っている(このころからちょっとおかしくなっていたのかな?あー、そういえば選挙の時も涙流してたな〜。)なんてのも平気で載っていたし。

大きな時代の波を見た。でも波にのまれたくない、でいい。

d0006422_9291593.jpg
ここは穏やかです。
ストックホルム(2004.9)

[PR]
by u_poko | 2006-01-24 09:48 | 日々の

ロンドン・スーパー

すごいでしょ。

ちょっと課題をやんなくちゃいけません。皆さんbook clubってご存知ですか(ちゃんと協会もあるんです)?

大ざっぱに言うと、本のカタログ格安通信販売です。そして各book clubはジャンルごとに分けられています。例えば、History book clubとか、SF book clubとか。日本にはないシステムですね。でもこのbook clubはかつてすごいパワーを持っていました。何故なら、ちゃんとbook club rightsなんて持っていて、だから格安で本を仕入れできる。

本の定価販売が無くなったUK、さらにはAmazonだのいろいろなオンライン書店が台頭してきました。そんな中、book clubがどう存続してくのか、検討しセミナーでディスカッションする(そしてそのディスカッションも評価の対象になるんです…。無理、0点だ。私以外はネイティブ&ほぼネイティブなのにどうやってディスカッションに入れるの!!!苦痛だ。)

そして土日版の新聞のbook club広告を見つけて、その効果と狙いを検討せよ、ともいわれてるんだけど…、新聞3紙も買ったんだけど、広告なかった。なぜ?
私が英語読めないからかなー?? だれかー、見つけたら教えてねー
結局この課題はお預けになった。というか出来なかった。

d0006422_818242.jpgしょーがないから、恒例買い出し。
今まで話ばっかりだったので、今日は実際スーパーの写真を撮ってみました。

いつも行くMorrisonsです。

d0006422_819141.jpgじゃがいも、めちゃ安いです。
そして皆さん大量に買います。でも、12.5kgってすごいよねー。
じゃがいも太りってあるかな?

何でも食べ過ぎはよくないね。

d0006422_8194068.jpgそして、炭酸飲料の棚。
ずらーりと全部が炭酸飲料。わー、体に悪そう。でもこっちの人はこれを一度に何本も買います。じゃがいも、肉、牛乳、炭酸、インスタント食品、that's all!!!

もうちょっと食生活考えようよ…。
そうだ、この次は肉と牛乳コーナーを撮ってこよーっと。すっかり忘れていた。
[PR]
by u_poko | 2006-01-23 08:28 | UK通信

Piccadilly Circusスナップ

ロンドン再考=のんびり。

昨日はK美と夕方から街で待ち合わせ。時間があったので、Piccadilly Circusのスナップを撮る。スナップ撮るにはちょっとコンパクトカメラだと物足りないな〜。
d0006422_9145755.jpg

止まる人、動く人。信号が青になると一気に人が押し寄せる、けど、東京ほどじゃないね。ちょうどこれくらいでいいや。
d0006422_9155418.jpg

d0006422_9165872.jpgそれを撮影する人を撮影。

広場では若者が集まって。
人とネオンと古い建物と真っ赤なバス。不思議な取り合わせだな〜。
d0006422_9173976.jpg

d0006422_918503.jpgK美とはちょっと買い物した後にタイレストランで食べる。サービスよろしく、行列の出来る店。
「きっとイギリス人経営ではない!」とK美説。速納得。(私たちとことんイギリスなめてるよねー。)
今日はクジラさんがテムズ川で引き上げられ、海に戻されたらしい。ニューストップで大騒ぎ。お気の毒に、あんな汚い川に迷い込んじゃったら、死ぬよ!普通。無事でなにより。(と、またイギリスをなめてる私。だって、隅田川より汚いんだもん!)
d0006422_9194548.jpg

これがロンドンの今、です。
[PR]
by u_poko | 2006-01-22 09:31 | UK通信

4時間飲茶

食べてしゃべる。

今日はまたまた中華街で飲茶。メンバーはunicornみく、C28。

久しぶりにカートで食べ物運んでくれる式の飲茶。楽しいわー。それにお茶をガンガンのめるのが飲茶の魅力ですねえ〜。ああ台湾恋しや

そして英語できない日本人たちとして日頃の授業の鬱憤を晴らすべく、積もる話がありすぎて…。ざっくり言うと、「英語ができないのにもう就職活動!」というのがメイントピックだったような。そして建築組ふたりは完全にC28が人事部としてunicornを採用するかどうかのmock面接状態だった。
unicorn、
「でも私△はできないけど、×は得意よ!」
「それ面接で言わなくていいから。余計」ピシャリ!C28

unicornよかったね、いい(厳しい)大先輩がいて。でも私とみくは二人の専門用語について行けなかったのでした…。

で、私がちょいと気になった話題は、「日本人男性世界で嫌われる」という話。
みく'sフラットの日本人の男の子がどうにも何もやらなくて、だらしなくて、どうしょもないヤツらしい。こちらではフラット貸しに日本人男性が嫌がられることがあるらしいのです。まさにその子は典型でしょう。

独りじゃなーんにもできない、甘やかされた日本人男性って何%の割り合いでいるのだろうか…。もちろん、全部が全部そうじゃないとは思うけど、どうもやっぱり他国の男性よりも多いのかもしれない。そして女性にやさしくする感覚ないから、世界でもてない??? 韓国人男性はやさしいというのが一応4人の一致意見。

さらに会社で働かないおじさんが多いという話題も。これから女性の社会進出がもっと普通になれば、働かないおばさんも出現か???

でも、結局日本人男性がだめって言ったって、それを育てている日本人女性にも問題あるのよねー、きっと。ん?じゃあなんで女の子変な率は低いの?

もし自分が男の子産んだら、崖から突き落とそーっと!!!!(虐待するという意味じゃないですから、念のため!)
d0006422_8253878.jpg
unicorn憧れのフィヨルド、もいっちょ。
今日は言わなかったんだけど、
実はフィヨルド2時間も見て途中から飽きてきたの。。。
(2004.9)

[PR]
by u_poko | 2006-01-20 08:38 | UK通信


つれづれ侘ぶる人はいかなる心ならん。まぎるる方なく、ただひとりあるのみこそよけれ(兼好)。ただただとりとめのない、旅のようなさ迷いの。「漂泊の民」になりたい、そんな思いのWeblogs。


by u_poko

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
日々の
お仕事
気になること
ワンワンライフ
フラワーアレンジメント
アロマセラピー
食楽
ガーデニング
生き物観察
語学って
音楽あれこれ
UK通信
インド通信
旅・ヨーロッパ
旅・アジア
旅・日本
旅・中南米
フォルモサ・台湾
モブログ

以前の記事

2013年 01月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

フォロー中のブログ

George M's Page
2004年以来
ニュースの現場で考えること
小林恭子の英国メディア・...
R's memorandum
代官山 シェリーのオーナー日記
ユニコーン@ロンドン2
R's memorandum2
つれづれ侘ぶるたび・出版編
愛犬とおでかけし隊!
new cross のき...
LIFE IS DELI...
となりのインド人@ムンバイ
Little by li...
日本胸部臨床編集室のちょ...
日々のおいしいごはん~野...
料理家もりおかかずえのブ...

その他リンク

タグ

検索

ライフログ


Manuel Alvarez Bravo


Eugene Atget: Unknown Paris


Robert Frank: Storylines


砂丘―植田正治写真集


しろいうさぎとくろいうさぎ


カロリーヌつきへいく


雪国


その年の冬


深夜特急〈1〉香港・マカオ


竜馬がゆく〈1〉


忘れられた日本人


Inside Book Publishing (Blueprint)


ドラゴンボール (巻1)


デカローグ BOX


トリコロール/赤の愛


眺めのいい部屋 <完全版>


夜霧の恋人たち/アントワーヌとコレット


ロボコン


この窓は君のもの


カンフーハッスル (UMD Video)


UTADA HIKARU SINGLE CLIP COLLECTION+ Vol.3


HOOPLA


ベスト・リミックス


Spirit


The Return of the Space Cowboy


Hot Fuss


Corinne Bailey Rae


Come Away With Me


THE GREATEST HITS


ソルファ


Sorrow and Smile


WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント


Remembering John


Bridges


The Miseducation of Lauryn Hill


ジョアン・ジルベルト・フォー・トーキョー


Monkey Business


The Girl in the Other Room


樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)


赤ひげ診療譚 (新潮文庫)


Eye to the Telescope

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧